立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2020年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

茨木径界隈ー自動車交通中心の街から人中心の街へー Ibaraki walkpath neighborhood-From a city centered on automobile traffic to a city centered on people-

櫻井源 Gen Sakurai

作品コンセプト

  • JP
  • EN

「みち」とは移動のためのものではなく、人の活動が溢れ、様々な景観を体験できる「空間」ではないだろうか。
敷地は大阪府茨木市片桐町。対象敷地は茨木市の中心市街地であるにもかかわらず、大阪万博やベッドタウンとしての戦後急速な宅地開発により、現在も多くの細街路が存在している。自動車社会では不便とされるがヒューマンスケールを持った細街路をポジティブな空間として捉え、人の憩いの空間となる「径」へと変換する。そして、それに伴う各スケールでの街の更新によって、自動車交通中心の街から小さな経済圏を形成する人中心の街へと再編する。

"Michi" is not for movement, but for people to be full of activities and experience various landscapes.  The site is Katagiricho, Ibaraki City, Osaka Prefecture. Although the target site is in the central area of ​​Ibaraki City, many narrow streets still exist due to the rapid development of residential land after the war as the Osaka Expo and a commuter town. Although it is considered inconvenient in the automobile society, a narrow street with a human scale is regarded as a positive space and converted into a “walkpath” that is a space for people to relax. Then, by updating the city on each scale, it will be reorganized from a city centered on automobile traffic to a city centered on people forming a small economic zone.