立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2020年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

過去、現在、未来を繋ぐ螺旋 A spiral that connects the past, present, and future

山田義人 Yoshito Yamada

作品コンセプト

  • JP
  • EN

情報社会の発展に加え、昨今のパンデミックの情勢の中で、社会における物流業界の存在と負担は非常に大きくなっている。ITを使った物流の効率化、ドローンや無人輸送機などの新しい輸送技術の開発が急がれている。
企業の本社と物流倉庫がある京都市南区鳥羽に、企業が他社とのオープンイノベーションによって技術開発を行う拠点施設を計画する。
マテハン機器や螺旋構造によって、イノベーションに必要な可変性と偶発性を高めた研究施設を設計するとともに、物流倉庫と企業歴史館を複合して繋ぐことで、飛脚業の歴史や現状の上に未来を創造する場を創出する

In addition to the development of the information society, the existence and burden of the logistics industry in society has become extremely large in the recent pandemic situation. In Toba, Kyoto, where the company's head office and distribution warehouse are located, the company plans a base facility for technological development through open innovation with other companies. Design research facilities with increased variability and contingency required for innovation with material handling equipment and spiral structures. And connecting the distribution warehouse and the corporate history museum in a complex manner, I will create a place to create the future on the history and current status of the logistics industry