立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2020年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

ミドリの大動脈 ―道路のニブンノイチ化による生物中心の都市の提案― Green Aorta - Proposal of a creature-centered city with a Half-road plan-

尾崎彬也 Akiya Ozaki

作品コンセプト

  • JP
  • EN

現在の道は車が通りやすいように計画してできた道である。
それは土地を固定し、移動目的の均質で静的な道路空間を形成してきた。
そんな自動車のための道路を居場所を生み出す生き物の為の道に転換する。
道路を変えることで、環境、それに面する建物が変化する。
そんな道路から解放された道の在り方の提案。

The current road is a road planned to make it easier for cars to pass. It has fixed the land and formed a homogeneous and static road space for moving purposes. Turn the road for such cars into a road for creatures that create a place to live. By changing the road, the environment and the buildings facing it change. Proposal of the way of the road freed from such a road for cars.