立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2021年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

命を紡ぐ道しるべー浜田の泊り屋をモデルとした地域コミュニティによる事前復興デザインー The approach to save life – Pre- reconstruction design by a local community modeled on “Hamada no Tomariya”

後藤康生 KOKI GOTO


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs149627/ritsumei-aud-works.jp/public_html/wp-content/themes/aud/single.php on line 93

作品コンセプト

  • JP
  • EN

南海トラフ地震による巨大津波から命を守るために、まちのコミュニティを生み、防潮堤や避難タワーに頼らない事前復興デザインを行う。東日本大震災から10年が経ち、南海トラフ地震の津波被害想定地域でも避難意識の低下・防災教育の取り組み不足が課題である。東日本大震災の「釜石の奇跡」の事例では地域コミュニティの密度・防災教育の取り組みで助かった命の数に顕著な差が出た。現代社会のように人とモノではなく、津波から命を守るには人と人が繋がり、まち全体で命を守る地域コミュニティが必要であると考える。対象敷地である高知県宿毛市ではかつて浜田の泊り屋が地域コミュニティの形成の場として栄えた。その浜田の泊り屋をモデルとし、地域コミュニティの形成と避難経路を重ね合わせることで人々の防災の意識を建築の中に顕在化することで迫り来る巨大津波からまち全体の命を守る提案である。

In order to protect lives from the huge tsunami caused by the Nankai Trough earthquake, this is a proposal for an architecture that protects the lives of the entire town by creating a community for the town and superimposing it on the evacuation route, using the "Hamada no Tomariya as a model.