立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2021年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

審査委員特別賞the Special Jury Award

覧古考新「知層」―過去から未来の生きた地層景観を展示するMUSEUM― Developing new ideas based on study of the past: A museum displaying living landscapes from the past to the future

古荘衣理 FURUSHO Eri

作品コンセプト

  • JP
  • EN

私たちは生きている今を理解し未来へ進むために歴史を学び続けてきた。
生活している町の今日の「当たり前」は先人が闘い、獲得してきた歴史の上に成り立っている。その過程を学ぶことで、現在の社会問題に対する理解が深まり解決策を導くことができる。
しかし、史跡や土地本来の地形は、利便性を追求した都市開発により消失し生活の中で地域史に触れる機会は減少した。
地域史を伝える史跡は「凍結保存」され、地域住民が「全く手に触れない」場所となるか、史跡として認知されないまま開発によって本来の形を消失している。
本計画では、今ある史跡をまちづくりに活かすために地域住民や都市計画との繋がりを重要視した現代的用途、現代的な意義を付与しつつ保存する「活用保存」を行う。
つながる一連の動線と、積層し貫入する形をとることで地域史の一連の流れを体感し、過去と現在を認知し未来を考え創造することのできるこれからのミュージアムを提案する。

We have learned the history to understand the current situation and to create the future. Our “ordinary life” depends on the history that our ancestors struggled and gained. Studying the process of their legacies helps us to understand and solve social problems. However, because of urban developments, many historic sites and original geographical features are destroyed, and the opportunities to perceive local histories are decreasing. Some historic spots are “stuffed” and became “untouched places”, or lose their original forms by development without recognition of their historical value. The concept of my plan is to maintain them in “utilized places”: I value connection of historic sites with local people and town plannings. To express the series of local history, I designed my museum in the series of flow lines and the laminate and penetrate structure. Please, see the potential in my museum that we can create our future from learning our history.