立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2020年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

いとなみの共鳴 -移住者を触媒とした島の生活風景の再編と継承- New Lifestyle in isolated island

福西久菜乃 Hinano FUKUNISHI


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs149627/ritsumei-aud-works.jp/public_html/wp-content/themes/aud/single.php on line 93

作品コンセプト

  • JP
  • EN

豊かな生活とは何だろうか。
現代社会では、便利さや効率を追求したことで、物理的に豊かな生活を手に入れた。
その反面、個人主義が浸透したことで地域の人々のつながりは薄れ、地域社会における心理的に豊かな生活を失ってしまった。
かつて人と人のつながりの強かった離島では、住民の相互依存によって生活が成り立ち、独自の伝統や文化が発展してきた。
しかし、そこでも人々は独立した生活を送るようになり、さらに、人口減少や少子高齢化が深刻であるため、島での生活や生業も失われつつある。
本計画では、島での営みを後世に受け継いでいくための仕組みとして、島生活の後継者としての移住者を新たに受け入れ、移住者と島民が共生していける社会の在り方を提案する。

On remote islands, life was established by the interdependence of residents, and their own traditions and culture developed. However, even there, life and livelihoods on the island are being lost. In this plan, to pass on the activities on the island to future generations, we will accept new migrants and propose a society in which migrants and islanders can coexist.