立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2020年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

脈打つ辻-京橋の魅力が滲み出る複合施設- The pulsing streets: An urban complex effusing local attractiveness in Kyobashi

中山翔貴 Nakayama Shoki


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs149627/ritsumei-aud-works.jp/public_html/wp-content/themes/aud/single.php on line 93

作品コンセプト

  • JP
  • EN

今回の提案のコンセプトは道である。
日本には、歴史的に広場という空間は存在せず、「辻」という空間があった。辻空間では、行商人たちが品々を並べ、香具師たちが見世物などの芸を披露していた。1日のうち、かなりの時間を過ごす生活の場であった。
しかし、現代の道は路上販売や大道芸を行うことを許容する空間ではなく、通過するだけの空間になっている。道から発展してきた街が建物を発展させていく一方で、道を退化させてしまった。そこで、道に対して建物内の楽しみを解放し、建物内外ともに賑わいのある建築を提案する。

 The concept of this program is the street. Historically, there was no place called a public square, but a place called “Tsuji”. Tsuji is a collection of small squares. People spent much time there in the day. However, modern streets are not places that allow street sales and street performances, but places that only pass through. The city that developed from the street has degenerated the street while developing the building. Therefore, we will release the fun inside the building to the street and propose a lively architecture inside and outside building.