立命館大学理工学部建築都市デザイン学科2020年度 卒業設計展 On-Line Ritsumeikan University Department of Architecture & Urban Design Thesis Design On-Line Exhibition

比叡賞the Hiei Prize

海郷の螺旋塔 Pre-Disaster Recovery Facility: Evacuation tower integrated with Seawall

廣瀬憲吾 Kengo HIROSE


  • Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/xs149627/ritsumei-aud-works.jp/public_html/wp-content/themes/aud/single.php on line 93

作品コンセプト

  • JP
  • EN

南海トラフ地震に備えた堤防一体型避難タワーによる新たな暮らしを取り入れた事前復興まちづくりを行う。津波被害想定地域における避難路整備・浸水被害・防波堤建設などの問題を解決する提案である。防災機能に限らず、コミュニティハブとしての機能を設けることで日常的に利用可能な建築とし、漁業・観光業の拠点とする。自立型ライフライン設備(バイオマス発電・海水雨水利用給排水システム)と一体化した建築であり、災害前後において利用可能である。浸水被害後も復興拠点として機能する。高台移転した地域住民は避難タワーを介して住宅と海を行き来し、避難広場をコミュニティ拠点として利用する新たな暮らしを行う。堤防という壁により分断される海とまちの関係を見直し、リスクと向き合う提案である。

We will create a pre-recovery town incorporating a new life with a levee-integrated evacuation tower Regardless of the disaster prevention function, by providing a function as a community hub, daily use is made possible and the fishing and tourism industries are sustainable.